京都観光、空港定額タクシーは、新型コロナウィルス対策を強化された55タクシーで安心な旅を 京都観光、空港定額タクシーは、新型コロナウィルス対策を強化された55タクシーで安心な旅を

お西さん

 

 

 

 

 

新聞に西本願寺阿弥陀堂の修復工事完了の記事が載っていました。

 

 

それで今朝は久しぶりに参拝に。

 

 

 

 

手前が御影堂、奥が阿弥陀堂

 

 

 

 

 

参拝順の決まりはありませんが今回は敬意を表して阿弥陀堂から。

 

 

 

 

 

朝の6時台前半ですが熱心な御門徒らが読経開始を待っておられます。

 

 

 

 

法要が4/13、14と勤まるので両堂に幔幕が張られています。これを取りつけたり、はずしたり、畳んで収納するのは大変な労力に違いありません。

 

 

 

 

 

続いて御影堂へ。

 

職員の方が写り込んでるのでスケールの大きさがわかりやすいと思います。

 

 

 

 

親鸞聖人の木像が祀られています。

 

 

 

 

 

意匠的にも非常に貴重なものが詰まった空間です。

 

 

 

 

 

最後は鐘楼堂。

 

 

 

鐘楼堂自体に彩色が施されているのは大変珍しいことなのです。

奥に見えているのは飛雲閣。

 

 

 

以前(昨年6/24付)に唐門だけをUPしてますがメインである両堂も併せて参拝していただくとゆうに1時間半はかかるくらい見応えがあります。

 

 

 

どうか桃山文化の美術の粋が随所に見ることができる西本願寺さんへぜひアテンドさせて下さい。

 

 

 

掛見

ページ上部へ