京都観光、空港定額タクシーは、新型コロナウィルス対策を強化された55タクシーで安心な旅を 京都観光、空港定額タクシーは、新型コロナウィルス対策を強化された55タクシーで安心な旅を

祝ワールドカップ本戦出場なんですが…

 

 

 

 

3/24 敵地オーストラリアでサッカー日本代表は終了間際に鮮やかな2点を獲り本戦出場を決めました。

 

 

「ジョーカー」三苫(みとま)選手がやってくれました。

 

 

 

最終予選の出鼻によもやの二敗(オマーン、サウジアラビア)を喫し、森保監督更迭論が持ち上がりました。

(実際オマーン敗戦後にはキャプテンの吉田選手にだけ「監督を退くことになった時は…」とのやり取りがあった事が記事になってました。)

 

 

 

しかしそこからは選手たちの奮闘や、ライバル・オーストラリアが思いのほか戦力が揃ってなかった等があったりしての予選突破でした。

 

 

 

サッカーフリークとしては逆境を乗り越えての出場権獲得を素直に喜びたいところです。

 

 

 

が、しかしこんな重要極まりないゲームが日本で地上波放映されない事態に未だ怒りが収まりません。

 

 

 

DAZN(ダゾーン=有料動画サイト)が独占放映権を持っていて、そこへ日本協会が地上波放送できるよう交渉したとの事ですがアッサリ決裂。

(協会が点数稼ぎのためのポーズだとの見方もあります)

 

 

そして急遽ニッポン放送がラジオ実況する事がメディアから「快挙」と取り上げられます。

 

 

ニッポン放送のこの英断自体には何の文句もありませんが、どうして日本国民はこんなにも静観できるのか?

 

 

単純にサッカーに対する熱量が低すぎるからなのか?

 

 

南米やヨーロッパなら間違いなく暴動、いや大暴動が起きるような案件なのです。

 

 

とにかく本戦は地上波放送が確定したので、この辺にしておきますが森保監督が引き続きその人間力で代表を本戦モードにシフトしてもらい目標のベスト8を達成してくれることを望んで止みません。

 

(しかし本戦のベスト8に入る確率はかなり低いと思いつつ)

 

 

掛見

 

がんばれポイチ‼️

 

(森保 一[もりやす はじめ]の保と一からきてる選手時代からのニックネームです)

 

 

 

ページ上部へ