京都観光、空港定額タクシーは、新型コロナウィルス対策を強化された55タクシーで安心な旅を 京都観光、空港定額タクシーは、新型コロナウィルス対策を強化された55タクシーで安心な旅を

宣言解除後に関して

 

2月末で京都府も緊急事態宣言解除となります。

 

 

以下、京都新聞(2/26付け)より

 

京都市の門川大作市長は26日夜、新型コロナウィルスの緊急事態宣言が2月末で解除された後の京都観光について「感染を収束させる時期だ。2週間は遠慮してほしい」と観光客に自粛を呼び掛けた。

京都府が3月1~14日は昼夜を問わず不要不急の外出自粛を求めていることから、この期間は観光客にも訪問を控えるよう求めた形だ。

 

とあります。

 

これを受け、私たちからも京都観光を予定されてる皆様にお伝えしておきたいことがございます。

 

ここ数日来、3月下旬~4月のご予約の動きも出てまいりました。たいへんありがたいことです。

 

出来うれば3月と同時に全国からたくさんの方に来ていただき、これまでの沈滞してきた経済を、活気を一気に取り戻したいと願っています。

 

とは言え、首都圏の解除が3/7となることや、ワクチン接種問題・リバウンド対策・Go Toトラベルの再開時期などまだまだ分からないことだらけで、加えて引きも切らず不安を煽るような報道も続いている中、一気に人が押し寄せることだけは何としても避けなければならないことだと考えております。

 

もちろん今は何をもってしても十分な安全・安心を担保、保証するものはないと承知しています。

メディアの報道も溢れかえるばかりで、私たちはそれに左右されてしまいがちです。

しかしそれでもお一人お一人が情報をしっかりと見極め、その時々の状況を踏まえた行動を心がけることが出来たのならば、さほど深刻なリバウンドにはならないのではと思っています。

 

 

とりもなおさず宣言解除後も今しばらくは自粛をしていただきたく、ここにお願いをするものです。(※1)

 

 

そうすることにより大勢の方が待ち望んでいる京都観光が徐々に回復していくものと信じています。

 

やがてその日が訪れ、期待を胸に来られる皆様には、とびっきりのおもてなしをもって応えたいと心からそう思っております。

 

今はとにかくその日がくることを

「信じて」、「願って」、「待つ」

 

多くの人々が耐えてきたその向こう側には、かつて味わったことのない鮮やかな景色がひろがっているはずです。

掛見

 

 

(※1)

あくまで現段階での京都市の見解や世情を鑑みてのお願いです。

3/1〜3/14の観光のご希望につきましては一度お尋ねいただき、私どもの情報も交えながらご相談に応じて参りますので何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

春待ち草

 

 

 

 

 

ページ上部へ