京都観光、空港定額タクシーは、新型コロナウィルス対策を強化された55タクシーで安心な旅を 京都観光、空港定額タクシーは、新型コロナウィルス対策を強化された55タクシーで安心な旅を

ザ・京都人気質

これもよくケンミンshowなどで京都人の意地の悪さを取り上げては京都以外の方からディスられるというパターンをよく目にします。「おたくの坊ちゃん、ピアノ上手になってきはって~」と京都でいうと、これは「やかましいから、もうちょっと考えてやってちょうだい」と言う意味合いになります。

 

決して悪気があってこうなるのではないのですがお隣りの大阪ならこんな回りくどい言い方ではないので余計に印象操作されやすくなるわけです。昔からオブラートに包んだものの言い方が多いのですが相手を気遣ってこうなったと都合のいい見解を持ち出すのも京都人ならではと思われます。

 

 

「京都新聞」という地元紙がありますが普及率が高く(約30%、つづいて読売14%、朝日10%) なんやかんや言いながらも地元愛が強い表れかなという気がします。そういえば私の同級生もけっこう地元に残っているので土着性が強い土地柄なのかもしれません。

 

あと全般的にあまり熱狂的ではないことも大きな特徴と言えます。例えば阪神タイガースのファンは京都にも多いのですがペナントレースで優勝したときでも大阪のように群衆の面前で川に飛び込んだり(鴨川でパシャパシャくらいはあったような…)、ついでにカーネルサンダース人形も放り込むようなことはしません笑 サッカーの京都サンガもかつて天皇杯で優勝した(2003年)ときなんかは「へ~、そうなんや。がんばったやんか」くらいで優勝パレードがあっても何の不思議もないところなのにハナからそんなんする様子は微塵もなかったです。(市役所前で祝勝会はあったかな…?)

 

とにかく一歩どころか4歩も5歩も下がって観るのを美徳としている人が多数占めているところと言ってもよいと思っています。

 

まだまだ山の様にあるのですがこれ以上は有料となります笑  それとここでは書きにくいようなことのほうが多い笑 「とっておき」は観光のご案内の合間で言うことにしますので今日はこのくらいで。あ!京都人らしいですか?笑  掛見

 

 

よい演出です

ページ上部へ